宝くじ(たからくじ) [た]

出典:スズナリ!

・1巻のあとがきで、石見さんが連載の次にあてたいものとして挙げている。

・上野先生は多分絶対に当たらない。


出典:かなめも

・そういえばひなたは宝くじは買わない。原作では基本お金のかかる賭け事はやらないので、当然と言えば当然。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

だったーん(だったーん) [た]

出典:スズナリ!

・買い物帰りに雨でずぶぬれになった楓が、お風呂に入ろうとすると、風呂桶の中から鈴が飛び出てくる。そのときのタイトル。

・ちなみに元ネタはピップフジモトの大昔のCM。ジャングルの中で沼の中からスタイルの良いねーちゃんが飛び出てきて「ダッダーン!」等叫ぶという意味不明っぷりが当時話題を呼んだ。

・そしてそれを平成の漫画に組み込む石見さんは一体。
タグ:スズナリ!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

体操服(たいそうふく) [た]

出典:スズナリ!

・楓と鈴が自動車からの跳ね水でびしょぬれになった時、体操服に着替えた。

・委員長はここぞとばかりコスプレ服を出したのだが敗北。

・非常にまともな学校用の体操服。

・しかし楓ってスパッツの上に体操服?


出典:かなめも

・アニメでは第13話でかな達は体操服を着ているが、これもきわめてまともな体操服。

・この辺が萌え要素でもある。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

大は小を兼ねる(だいはしょうをかねる) [た]

出典:スズナリ!

・ブラは兼ねないと思う。特にB92の鈴→B67の楓だと。

・むしろ、普通は兼ねない。
タグ:スズナリ!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

第二次成長期(だいにじせいちょうき) [た]

出典:スズナリ!

・楓は終盤らしい。

・身体検査でも、3年間あらゆる数値が微動だにしなかったらしい。

・まあ、普段牛乳で頑張ってもねえ。

・朱は案外、今まさにその時期のような気がする。連載を重ねるたびに体のラインが女性らしくなっていっている。

・かなは、まあ絶望的だろう・・・時期はまだだけど。案外はるかのようになるかもしれないけど。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

高村湊(たかむらみなと) [た]

出典:スズナリ!

・楓のお母さん。基本的にいつもほんわか。

・主婦。夫の頼治さんとはいつもラブラブ。

・鈴がいきなり朝楓の寝室から現れたときに「すごいわ私どうやら昨日もう一人娘を産んだみたいよ」と言ってのけた強者。

・最終話で鈴が記憶を失って戻ってきたときにも上記と同じ台詞を発した。案外鈴の正体をわかってるのかもしれない。

・18歳になる娘二人がキスしていても全く動じない。
タグ:スズナリ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

高村頼治(たかむらよりはる) [た]

出典:スズナリ!

・楓のお父さん。基本的にほんわか。

・市役所勤め。鈴の戸籍を湊さんのお願いで作ったひと。

・妻の湊さんとはラブラブで、見ている楓の方が恥ずかしい。
タグ:スズナリ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

高村鈴(たかむらすず) [た]

出典:スズナリ!

・スズナリ!の主人公その2

・楓と外見はそっくりだが、胸とネコミミだけが違う。基本的に楓にべったりで、楓のことを「おねいちゃん」と呼ぶ。

・元は楓の家族が今のマンションに引っ越す前のおばあちゃんの家で飼っていた猫。すずが楓の何かしらの過失で亡くなってしまい、家の庭に埋めるが、引っ越し時に一緒に連れて行けなかった際に楓はすずの墓の前で「絶対の約束」をする。

・結果、すずが「自分に関わるすべての者の記憶」を代償に、楓の元に舞い戻ることになる。鈴自身はすずの頃の記憶はきちんとあるが、それを何かしらの理由で口にしてはいけないらしい。

・「鈴」と漢字で書くと今の人間状態。「すず」とひらがなで書くと昔の猫状態。

・しかし最後までよくネコミミばれなかったよな・・・夏実が記憶を消しまくったとしか思えない。
タグ:スズナリ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

高村楓(たかむらかえで) [た]

出典:スズナリ!

・スズナリ!の主人公その1。

・身長150cm 体重40kg バスト67のAAA以下

・小柄で活発な女子高生で、テニス部。両親がのほほんとした性格なため、しっかり者に育ってきた。

・基本的に面倒見が良いため、鈴の面倒を見ている内にキャッキャウフフ状態に。しかし鈴が居なくなるまでは本人は基本的に否定しまくるツンデレさん。

・実は筆記試験で大学に合格できるほど頭はよい。

・常時スパッツ娘。制服時にスパッツを着なかったのはただ一度のみ。

・ラストシーン「ごめんね、だいすき」は石見さん漫画屈指の名台詞。

・個人的に楓を越える百合キャラはほぼ居ない。
タグ:スズナリ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます